場所が有名すぎるので、問題をひと捻りしてみました

今回は、あまりにもテレビで紹介されすぎている場所なので、出題方法をひと捻りしてみました。
ここは、市ヶ谷にある釣り堀ですが、どうも変な釣り人が混ざってしまっているようです。
さて、その変な釣り人はどこにいるでしょう?
写真の中にイラストを混ぜているので、色合いも違うしすぐに分かるかなと思ったのですが、これ、スマホで見るとまず見つけることができませんね。
ごめんなさい。

都心の釣り堀は、ただ魚を釣るだけじゃない

JR市ヶ谷駅の目の前にあるこの釣り堀。

正式名称は『市ヶ谷フィッシュセンター』といって、年中無休で営業している、まさに都心のオアシスのような釣り堀です。実際、この写真を撮影したのは、お正月真っ最中の3日お昼過ぎですが、それでこの混雑ぶりだとは…。いったい、どれだけたくさんの釣り大好きマニアがいるのかと思ってしまいますが、この釣り堀は、釣り初心者でもカンタンに釣れることで有名で、マスコミでは「デートスポット」として紹介されることすらあるほどの場所。

だから、お正月でもこんなに混雑しているんですね。

 

有名すぎるドラマのロケ地

釣り堀という場所は、やはりのんびりするのには最適な場所のようで、イメージとしてもそんな感じがしてしまいます。

だからなのか、いろいろなドラマでのロケ地として使われていますが、ほとんどが、のんびりしているか考え事をしているシーンで使われています。

福山雅治主演の『ガリレオ』(フジテレビ)では、湯川准教授(福山雅治)がここで事件のヒントに気づき、内野聖陽主演の『臨場』では、倉石検視官(内野聖陽)が、いつもここで釣りをし気分転換してから事件を解決するという、見事なアクセントとして活用されています。

他にも、『仮面ライダービルド』では「夜釣り」のシーンで使われたり、アニメ『おそ松さん』では、とうとう実写ではなく「アニメ」として画面に登場してしまったりと、本当に出ずっぱり状態です。

もうひとつ、この釣り堀がロケ地として使われる特徴として、だいたい主人公がここで釣りをしていることが多いというのも挙げられますね。

釣り堀はのんびりしているイメージそのままに、シーン的にじっくり描かれる場面で出てきますから、必然的に主人公の気持ちを表すシーンに使われるようですね。

ちなみに、場所がお堀ということで、どうしても「千代田区」のイメージがある市ヶ谷フィッシュセンターですが、市ヶ谷は「新宿区」ですのでお間違いなく。

Pocket
LINEで送る

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です